種類を知る

白髪染めには、髪全体を染めるタイプや、生え際などワンポイントタイプ、1日限定のスプレータイプなど種類が豊富にあります。目的に合わせて選べるので、気分転換にもなります。

自分で染める方法

手軽に白髪染めをするなら、スーパーやドラッグストアで販売している市販品を購入しましょう。液剤を混ぜあわせて塗布するタイプや、シャンプーで少しずつ染めていくタイプが便利です。

綺麗に染める方法

完璧な仕上がりを求める場合、美容室を利用するとよいでしょう。美容師が専用の白髪染めを使用してくれるので、自分では確認できない箇所でも綺麗に染めてくれます。市販品には無いカラーも依頼できます。

基本的な扱い方

白髪染めは髪質に合ったタイプを選びましょう。色が入りやすい人の場合、染料を塗布したあとは規定の時間通りに洗い流すことが大切です。長時間塗布した状態だと、頭皮を傷つける恐れがあるので避けましょう。

若々しさを手に入れる

加齢に見られる原因に、白髪があります。肌に現れるシミやシワと同じように、気づかないうちに頭皮の毛穴から生えていきます。
白髪は、黒々とした髪の中に毛が交じるため、非常に目立ちます。白髪を見つけ次第、その場で抜く人も居ますが、頭皮にダメージを与えてしまいます。
そのまま放っておくこともできますが、白髪が多いと実年齢よりも上に見られてしまいます。
白髪は加齢の現れとして、髪の色素が行き渡らなくなることや、ストレスが原因で本数が増えていくこともあります。
栄養バランスが整った食事をとることや、ストレスを溜めない生活も大切です。

白髪対策として挙げられる方法に、「白髪染め」があります。
昔から髪を染める文化が存在し、世界各国で行われてきました。日本でも墨を使って染め上げていたと記録が残っています。
白髪は高貴なイメージの他に、高齢をイメージすることもあるため、まだ年齢が若い人にとってはショックに感じてしまいます。
増えてしまう白髪は、染め上げることで改善できます。現在では染料の種類が豊富にあり、黒髪以外でも茶髪や金髪、赤など様々なカラーが選べます。
白髪染めでも、染料の種類や色のバリエーションがあるため、用途に合わせて使い分けることが可能です。
女性向けの白髪染めや、男性向けの白髪染めも発売しているので、髪質や好みによって自由に選べます。
見た目の印象を変えられるので、気分転換はもちろんのこと、いつまでも若々しさを保つことができます。